kirara-pure

パピルスは神
〜キケロ・カエサル・アッティクスの記〜
諏訪 緑

紀元前82年、ローマ帝国は日の出の勢いで、拡大を続けていた。だが、その裏で首都ローマでは独裁官スッラが権力を握り、市民を苦しめていた。そんな時、大商人の息子のアッティクスは2年ぶりにアレキサンドリアからローマにもどってきた。しかし、久しぶりのローマはスッラのために、罪も無い人々が毎日のように処刑され、その荒廃振りは彼を驚かせるに十分だった。親友のキケロはスッラににらまれ、後にローマ史上で最大の有名人となるカエサルに至っては指名手配中の身だった。
古代ローマを舞台に3人の若者たちのパピルスをめぐる物語!
【ebookjapan(イーブックジャパン)】
【電子貸本Renta!】
【Amazon/Kindle版】
【楽天/kobo】
にて電子書籍、配信中!

諏訪 緑

5月14日生まれ。牡牛座のO型。
デビュー作は「バラモンの塔」。歴史物を見ると萌えてしまうという著者は、歴史物語を描くことでも定評があります。「三国志」「三蔵法師」など壮大な歴史をテーマにした作品が好評を得ている。この著者が次のテーマに選んだのが「ローマ帝国」。しかも、コミカルな味付けをして、今までに無いない作風を目指しています。新境地の諏訪緑をどうぞ!!

 

**********

諏訪緑公式HP

時の泉

**********