kirara-pure

パピルスは神
諏訪 緑

紀元前82年、ローマ帝国は日の出の勢いで、拡大を続けていた。だが、その裏で首都ローマでは独裁官スッラが権力を握り、市民を苦しめていた。そんな時、大商人の息子のアッティクスは2年ぶりにアレキサンドリアからローマにもどってきた。しかし、久しぶりのローマはスッラのために、罪も無い人々が毎日のように処刑され、その荒廃振りは彼を驚かせるに十分だった。親友のキケロはスッラににらまれ、後にローマ史上で最大の有名人となるカエサルに至っては指名手配中の身だった。
古代ローマを舞台に3人の若者たちのパピルスをめぐる物語。

描き下ろし50Pを加え、待望のコミックス発売です!

B6判/定価669円(税込)

ご購入はこちらからどうぞ!
【Amazon】
【セブンネット】
【楽天ブックス】

諏訪 緑